FC2ブログ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「アリータ:バトル・エンジェル」
1902221.jpg

本日、観て参りました。
サイバー医師イド博士によってスクラップの山の中から
発見されたサイボーグの少女。新たな体を与えられ、
目を覚ました彼女は、一切の記憶を失っていたー。
(映画.comさんより抜粋して改変)

1990年代に連載されていた日本の漫画作品「銃夢」を
原作とした、SFアクション作品です。

昨年から目にしていたチラシでは、少女の目玉が巨大で
気色悪い印象を持ったものですが、いざ鑑賞してみると
登場人物の大半が CGで描かれたサイボーグのため、
多少目玉が大きかろうと大して気になりませんでした。

精緻に描かれた舞台は、その世界を受け入れる説得力が
あり、原作を知らない自分でもすんなり溶け込めました。

はっきり分からない部分もあるのですが、それは次回作で
描くため、あえて説明していないのか、ただ単に私が理解
できていないだけなのか、ちょいと不明です。^^;

映画劇場鑑賞 | 【2019-02-22(Fri) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

「銃夢」がさまざまな洋画SFからインスパイアされた漫画なので、それをさらにハリウッドで映画化、輸入を輸出して逆輸入して…?
当時、原作を読んだ私の感想は「ローラーボール(オリジナル版)をパクるな!」でした。
…でもロドリゲス監督、面白そうですね。
2019-02-26 火 21:42:32 | URL | Yざわ #- [ 編集]
「ローラーボール」という作品があったのですね。
検索して初めて知りました。^^

これまでロドリゲス監督の作品を、それほど多く
鑑賞していませんが、一から物語の世界に導きつつ
かつまとめあげた手腕は見事でした。
キャメロン監督だったら 160分は超えてたかも。^^;
2019-02-28 木 21:59:07 | URL | どぶろぐG #bxvF113M [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する