カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「ヒドゥン」
1611061.jpg

本日鑑賞しました。
今までごく普通の人間と思われていた男が、突然凶悪犯に
変貌し、数々の凄絶な事件を引き起こしていた。LA市警の
刑事ベックは彼を撃ち倒し、事件は解決したかに見えたがー。
(MovieWalkerさんより抜粋して改変)

冒頭、銀行強盗〜カーチェイスから始まり、一気に見させる
パワーのある SF作品です。
カイル・マクラクランの浮世離れした印象が 設定にうまく
ハマっています。日本のドラマで言うならば、速水もこみちが
ロボット役を演じたようなものです(違うかな?)

最後は善い側の異星人も、残った家族を悲しませないために
相棒の体を乗っ取りますが、あれはただ単に生命力を与えて
力尽きたのだ、と信じたいですね。

映画劇場外鑑賞 | 【2016-11-06(Sun) 21:20:09】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

凶悪異星人と同じ種族だと思うので、あの描写は「パワーを与えた」と確信しとりますです。

乗っ取られる地球人たちも、「まあコイツならいいか」と思える方々なので安心ですね・
2016-11-10 木 23:07:40 | URL | Yざわ #- [ 編集]
> 「パワーを与えた」
娘の『お見通しだぞ』的視線は、ミスリードなんですかね〜。

乗っ取られた体に撲殺された、レコード屋の店長さんは
気の毒でしたね。^^;
2016-11-13 日 22:48:57 | URL | どぶろぐG #bxvF113M [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する