FC2ブログ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「パプリカ」
1901271.jpg

本日鑑賞しました。
他人の夢をスキャンすることが出来るというセラピー機器
・DCミニが精神医療研究所から盗まれてしまう。
それを機に、奇妙な行動を取る職員が現れはじめるー。

筒井康隆氏の小説を原作としたアニメーション作品。
本編自体がじわじわと夢に侵食されていくかのような、
良い意味で支離滅裂な物語です。

やっぱり今敏監督は凄い。これが遺作なのか〜。
もっとたくさんの作品が観たかったよ… (´;ω;`) ブワッ

映画劇場外鑑賞 | 【2019-01-27(Sun) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」
1901201.jpg

本日鑑賞しました。
現代のサンフランシスコ。とある建物の一室で、ライターのマロイは
取材記録のためテープを回した。取材対象の青年の名はルイ。
自らの職業をヴァンパイアと言う。ルイは200年に渡る半生を語り始める。

先週の「マーティン」に続き、吸血鬼ものです。
公開当時大いに話題になった記憶がありますが、今回初鑑賞です。
何故かこれまで鑑賞に至らなかったんですよね〜。

吸血鬼といえば古城に住む伯爵様、のイメージを壊し
より人間臭い存在として描かれています。

トム・クルーズ、ブラッド・ピット、アントニオ・バンデラス
などなど、俳優陣も豪華、美術も豪華な作品でした。

映画劇場外鑑賞 | 【2019-01-20(Sun) 22:53:51】
Trackback:(0) | Comments:(2)
ひとむかし
二輪車に乗らなくなって十年近く経ちました。
当時は環七通り通過の機会がありましたが、とんとご無沙汰しています。
ところが今日、ちょいと諸用で環七沿いを足立区方面に数キロ自転車で
移動する機会がありました。

以前は派手な外車を展示していた建物が、全く別の用途で使われていたり
電気屋さんがパチンコ屋になっていたり、結構な規模の更地があちこちに
点在していたり。街の様子は結構変わっていました。まあ十年近く経てば
当然の変化でしょうか。

しかし二輪車当時は大した距離に感じなかった場所・距離が、自転車では
ヒイヒイ必死に漕いで辿り着く感覚が、面白くもあるのですが、寂しさを
感じる部分もあります。

二輪車復活は今となってはなかなか考え難いですが、嵩張る荷物の移動や
買い物目的で、ペーパードライバーにどっぷり浸かっている状態から脱却
したいなあ。^^;

のほほん雑記 | 【2019-01-19(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
初夢
『正月二日(または元日)の夜に見る夢。』

Google先生が教えてくれる初夢の定義には このとおり
書かれていますが、私が「夢を見た」と覚えていた
今年初めての夢は、13日の夜に見た夢でした。

夢の中で「これは夢だ」と認識しているのですが
私は何故か漫画のストーリーを必死に考えていて、
めちゃくちゃ面白いストーリーが思い浮かんだのです。

「これはきっと売れる!目覚めたら忘れないように
覚えておかなくちゃ!」と思うのですが、そこは夢。
目が覚めたら、きれいさっぱり忘れていました(笑)。

今回のような、夢の中のアイデアを、目が覚めても
忘れない方法はないのかなあ。
というか、そもそも夢の中で思い浮かんだストーリー、
本当に めちゃくちゃ面白かったのかなあ? ^^;

のほほん雑記 | 【2019-01-14(Mon) 23:29:26】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「マーティン 呪われた吸血少年」
1901141.jpg

本日鑑賞しました。
血を吸いたい衝動に駆られ、他人を襲ってしまうマーティン。
母親の死後、いとこのクーダという老人の元へ身を寄せる。
マーティンの吸血行為を知るクーダは、その行動を監視するが
衝動を抑えきれないマーティンは、夜な夜な家を抜け出して
凶行を続けていた-。

ジョージ・A・ロメロ氏が自身の作品の中、最もお気に入りの
一本と言ったらしい作品です。ロメロ氏のキャリアの中では
最初期の作品なのでしょうが、その着想の斬新さは、のちの
作品に多大なる影響を与えたことは間違いありません。

演者さんたちは、のちのロメロファミリーを形成したそうで
中には本当の家族(ヨメさま)になられたお方も。^^

突然訪れる結末も衝撃的な、ホラーファン必見の一本です。

映画劇場外鑑賞 | 【2019-01-14(Mon) 23:22:45】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ディープ・インパクト」
1901065.jpg

本日鑑賞しました。
天文部所属の高校生リオは、天体観測中、見たことのない
彗星を発見、天文台のウルフ博士に報告する。
その一年後、政治家のスキャンダルを追うキャスター志望の
ジェニーは取材後、車で移動中、突然黒い車に囲まれてしまう。

今年最初の人類滅亡の危機であります。^^;
「アルマゲドン」と公開時期が近く、テーマが被っていたため
また「アルマゲドン」は繰り返しテレビで放送されたのに対し
本作品はそうでもない(と思う)せいか、わりと地味な印象を
持っていました。ところが地味どころか、結構な大作でした。

リオ少年を、まだ子役(?)のイライジャ・ウッドが演じ、
早々に吹き飛ばされてしまう宇宙飛行士役を、当時は俳優業が
主業のジョン・ファブロー氏が演じていたりします。
残された時を過ごす人々を丁寧に描写しているのは、女性監督
ならではの視点なのでしょうかね〜。

サバイバルな状況の中、オフ車を駆るテレビCMが与えた印象は
鮮烈で、のちに私がセローを所有したのは、きっとこの時の
印象が無意識に影響を与えていたせい、かもしれません。^^;

映画劇場外鑑賞 | 【2019-01-06(Sun) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(2)
初詣
1901061.jpg

浅草の浅草寺に初詣をして参りました。
毎回行く度にク○混んでいるので、空いてるうちに行ったろ!と
早起きして行ってきました。

雷門の前に こんなに人がいない状態、初めて見ましたよ。

(続きは↓をご覧ください)

“初詣”の続きを読む>>
のほほん雑記 | 【2019-01-06(Sun) 21:48:14】
Trackback:(0) | Comments:(4)
「イーグル・ジャンプ」
1901035.jpg

本日鑑賞しました。
幼い頃からオリンピック出場を夢見るエディは、ある日
偶然目にしたスキージャンプに興味を持つ。国の代表を
目指し練習場のあるドイツの雪山へ向かうがー。

イギリス史上初のスキージャンプオリンピック代表選手
エディ・エドワーズ氏の半生を描いた作品、と言っても
ただの伝記ものにあらず。製作にマシュー・ヴォーン氏が
名を連ねているおかげか、ど直球でシンプルな物語でも
きっちりと楽しめました。

また、音楽が良かったですね〜。クライマックスで流れる
ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」は、ベタな選曲でしょう
けれど、最高に盛り上がりました。^^

映画劇場外鑑賞 | 【2019-01-03(Thu) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ