カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「デビル」
1507261.jpg

本日鑑賞しました。
高層オフィスビルのエレベーターが突然停止してしまう。
たまたま乗り合わせた5人の男女が救助を待つ中、突然
照明が消えてしまう。再び照明が灯ると女性が何者かに
よって背中を負傷していた—。

エレベーターを舞台にした、シチュエーション・スリラー
というかサスペンスというか、その手の類いの作品です。
まったく、閉所恐怖症の気があるってのに、どうして
狭い所が舞台の作品ばかり選んでしまうのでしょうね。
あ、でもエレベーターの外でも物語は進行しますので、
洞窟ほど息苦しくはないです。^^;

軽く内容に触れますと この作品、オカルト要素が入って
いるのですが、この要素を取っ払っても、心理戦だけで
充分描けるなあ、と感じました。

映画劇場外鑑賞 | 【2015-07-26(Sun) 22:53:07】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「ローズマリーの赤ちゃん」
1507251.jpg

本日鑑賞しました。
若い俳優ガイとその妻ローズマリーが、マンハッタンの
古いアパートに引越してきた。二人と親交のある
友人ハッチによれば このアパートは以前から不吉な噂が
たえないというが、若い二人は一向に平気だった—。
(MovieWalkerさんより抜粋して改変)

私がお子さまの頃からそのタイトルは耳にしていた、
ホラーというかスリラーというか、その手のジャンルの
古典的作品です。正直 60年代の映画を今の感覚で
楽しめるだろうか、退屈しないだろうか、という心配は
ありましたが、さすがに名作といわれるだけあって
その心配は杞憂に終わりました。

ローズマリー役を演じた ミア・ファローが、序盤は
可憐で幸せに満ち溢れていたのに、徐々に精神的に
追い込まれ、やつれていく様が見事です。

で、この作品にも「続」が存在してしまうんですね。
どれだけ駄目か、かえって興味をひかれます。^^;

映画劇場外鑑賞 | 【2015-07-25(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ディセント2」
1507201.jpg

本日鑑賞しました。
アパラチア山脈の洞窟で6人の女性が消息を絶ち、その内の
1人であるサラが血まみれの姿で生還する。残る5人の救出に
焦る保安官と救助隊は、ショックで一時的に記憶を失った
サラを連れて洞窟へと向かうが—。
(映画.comさんより抜粋して改変)

閉所恐怖症の気があるというのに、なぜ続編を鑑賞するのか。
それは、セットで借りてしまったからなのです。^^;
たぶん第一作が製作者の望外の反響を呼んだのでしょう、
本作品は ちょいと蛇足の感がありますね。あわよくば
第三作を…ってな含みを持たせた終わり方でしたが、もう
これ以上は作らない方がいいんじゃないかな〜。

映画劇場外鑑賞 | 【2015-07-20(Mon) 23:45:34】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ディセント」
1507191.jpg

本日鑑賞しました。
冒険好きのサラは、一年前の交通事故で愛する夫と娘を
失ったショックからいまだ立ち直れずにいた。
そんな彼女を励まそうと、友人たちが冒険旅行に誘う。
その内容は山奥深くにある地下洞窟の探検であった—。
(allcinemaさんより抜粋して改変)

閉所恐怖症の気があるというのに、またも洞窟探検モノを
鑑賞してしまいました。しかも今回の作品の方が より
狭い所を通り抜け、崩落までしてしまい、息苦しいったら
ありゃしない。私は川口浩探検隊には絶対入隊できないな〜。

映画劇場外鑑賞 | 【2015-07-19(Sun) 23:29:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ほれみたことか
『政府内で見直し案が浮上 アーチ中止で予算抑制』
産経ニュース
ttp://www.sankei.com/politics/news/150715/plt1507150065-n1.html

以前、『「新国立競技場」のイメージ図を見る度に、
下衆の極み感に絶望します。』と記事にて述べましたが
どうせこんなデザイン、甘い汁を吸えるだろうと
群がった輩が選んだんでしょ。で、出来そうにないって
話になると、責任のなすり付け合い。実に見苦しいです。

聞けば「アンビルトの女王」といわれているそうですよ。
デザイナーさん。競技場なんて、フツーでいいですよ。
取り壊す必要すらなかったのでは、とさえ思えます。

のほほん雑記 | 【2015-07-15(Wed) 23:36:46】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「アフリクテッド」
1507131.jpg

本日鑑賞しました。
世界を旅する様子を Blogに公開する計画をスタートさせた
デレクとクリフ。その道中、パリのバーにてデレクが美女の
ナンパに成功、宿の部屋に連れ帰った。遅れて部屋に戻った
クリフは、怪我をして倒れているデレクの姿を発見する—。

最近下火?な POV方式のモキュメンタリー作品です。
設定の無理は 他作品に比べれば まだマシだと思いますが
個人ブロガーが どうしてそこまで熱いジャーナリスト魂を
持っているのか、いついかなる時も撮影しているのか。
予備のバッテリーは、記録メディア残量は、などなどが
どうしても気になってしまいます。そこらへんのクリアが
この手の作品の課題ですよね〜。

映画劇場外鑑賞 | 【2015-07-13(Mon) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「グランド・ブダペスト・ホテル」
1507121.jpg

本日鑑賞しました。
ヨーロッパ随一の高級ホテル「グランド・ブダペスト・ホテル」を
取り仕切り、伝説のコンシェルジュと呼ばれるグスタヴ・H。
ホテルには彼を目当てに多くの客が訪れるが、ある夜、長年懇意に
していたマダムDが何者かに殺害されてしまう—。
(映画.comさんより抜粋して改変)

劇場予告編はとても面白そうで、是非観に行こうと思ったものの
タイミングが合わず見逃した作品です。
豪華な俳優陣の どこかユーモラスなお芝居や、セットや美術、
画作りへのこだわりなど、とても贅沢で 細部まで丁寧に作られた
作品だなあ、という印象を覚えました。

映画劇場外鑑賞 | 【2015-07-12(Sun) 23:33:36】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ターミネーター:新起動/ジェニシス」
1507111.jpg

本日、観て参りました。
2029年、人類抵抗軍は敵である機械軍の中枢にとどめを
刺そうとしていた。ところがその直前、抵抗軍のリーダー、
ジョン・コナーを出産する前の母サラ・コナーを抹殺する
ため、機械軍はターミネーターを1984年に時間転送装置で
送り込んでいた。
(MovieWalkerさんより抜粋して改変)

「1」「2」の続編といった作品です。「3」は私自身印象が
薄いのですが、「サルベーション(いわゆる「4」)」は
良い出来だった記憶があります。無い事にしちゃうのか〜。
勿体無いなあ。

ツッコミどころは結構ありますが、細かい事は気にすんねぇ
ってな感じですね。結局は シュワちゃん頼りのシリーズ
なんだなぁ、と感じさせられました。

1507112.jpg

今回サラ・コナーを演じた、エミリア・クラークさんが
かわいかったなあ。ちょいと エマニュアル・べアールを
彷彿とさせますね。^^

映画劇場鑑賞 | 【2015-07-11(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(6)
次のページ