カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛」
1411301.jpg

悪魔に取り憑かれた壮絶な過去を持つ、17歳の
少女ネル。心の傷を癒すため療養施設に入所した
彼女は、同年代の若者たちとも仲良くなり、充実
した毎日を過ごしはじめていた—。
(映画.comさんより引用)

前作ではモキュメンタリー形式だったのですが、
今回は普通(?)の作品となりました。刺激的な
表現は ほぼ無く、進行も やや退屈。1.5倍速で
再生できるプレイヤーで観ればよかったな〜、と
感じましたとさ。

映画劇場外鑑賞 | 【2014-11-30(Sun) 22:56:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
だめじゃん
「人食いトンネル」で「人喰いトンネル」がヒットせず
「ノーワンリヴス」で「ノー・ワン・リヴズ」がヒットしない
某TSUTY DISCSの検索機能。だめだめじゃん…。

いや、検索しているタイトルに問題があるのかな。^^;

のほほん雑記 | 【2014-11-29(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
一か月
ガラケーに出戻りして、約一か月が経ちました。

当初は人前でガラケーを取り出す事が照れ臭い気も
しましたが、今は慣れました。
スマホならではのサービスを 積極的に利用して
こなかった事もあって、特に困る事は ありません。

現在使用中のガラケーは、新品ではないバッテリー
だというのに、5〜6日は充電しないで保ちます。
まあ、一日数回のメールチェックくらいしか使って
いないんですけどね。^^;

デメリットかな、と感じた点。
すっかりフリック入力に慣れた事もあり、入力は
スマホの方が早く行えました。また、画面の中に
キーボードが表示されるスマホは 暗闇での入力が
問題無く行えるのに対し、ガラケーは キー照明を
オフにしていると、入力に困ります。一度そんな
状況に陥り、あたふたしてしまいました。

ガラケーもズルトラくんも、無保証の状態なので
うっかり落としたりでもしたら大事です。この点が
維持費と引き換えにした、最大のデメリットかも。
でもまあ それはそれで、仕方無いのかな、と。^^;

格安SIMや携帯電話 | 【2014-11-29(Sat) 23:57:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「エンド・オブ・ザ・ワールド」
1411242.jpg

本日鑑賞しました。
小惑星が地球に接近。衝突回避のための作戦は失敗に
終わり、人類の滅亡は避けられないものとなった。
保険セールスマンのドッジは、何も言わず去っていった
妻を追うこともなく普段と変わらぬ生活を送っていた—。

SF設定ありつつのヒューマンドラマ、という点では
つい先日鑑賞した「アナザープラネット」と似通った
部分がありますが、こちらの作品では その設定が
効果的で、終わりを迎える物語だというのに 希望に
溢れるという作品になっております。

これはある意味、性差別発言なのかもしれませんが
心の移ろいを描くとしたら、やはり女性監督の方が
きめ細やかなのではないでしょうかね。

心温まる良い作品です。オヌヌメ。

映画劇場外鑑賞 | 【2014-11-24(Mon) 21:50:05】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「フッテージ」
1411241.jpg

本日鑑賞しました。
ノンフィクション作家エリソンは 10年前にベストセラーを
手がけて以降ヒット作に恵まれていない。そこで起死回生を
期して、ある一軒家に引っ越してきた。その家は、かつて
一家首吊り事件が起きた現場であった—。
(allcinemaさんより抜粋して改変)

「これはサスペンスもの、住人や警察が結託し 何らかの
秘密を守って よそ者を排除する方向性か」と思いきや、
オカルトものでした。 ズコッ

映画劇場外鑑賞 | 【2014-11-24(Mon) 21:38:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「美女と野獣」
1411231.jpg

本日、観て参りました。
商人の末娘として裕福な生活を送っていたベル。
だが父親の所有していた船が難破してしまい、一家の
生活は一変してしまう。失意に暮れる父親はある日、
帰宅の途中吹雪に遭い遭難しかけるが、深い森の中に
灯る明かりを目にする—。

ディズニーの息がかかっていない、仏独共同作品です。
物語は絵本の読み聞かせという形式で進行し、王子が
野獣に姿を変える理由まで描いています。

もう ハリウッドや有名スタジオが手掛けていなくても
VFXのレベルは第一級のものが制作できるんですね〜。

映画劇場鑑賞 | 【2014-11-23(Sun) 23:37:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Amazonから届いてました
1411222.jpg

* 「キャリー(2013)+キャリー(1976)」 Blu-ray Disc

2013年版は持っているんですが(汗)、この手の
パックものにしては パッケージデザインが秀逸で
1976年版を所有していなかった事もあって、つい
ぽちってしまいました。^^;

映画のあれこれ | 【2014-11-22(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(4)
「インターステラー」
1411221.jpg

本日、観て参りました。
近未来。環境の変化によって地球は荒廃し、世界的
食糧難に陥っている。もはや解決策はなく、人類は
滅亡の危機が迫っていた—。
(ぴあ映画生活さんより抜粋して改変)

地球環境悪化の理由を劇中で描いていないのですが
近い将来、食糧難はきっと起こるんでしょうね。
希望の無い閉塞感が伝わってきます。

宇宙での出来事が やや ご都合主義が過ぎるのでは
ないか、なんて思えますが、ユメもチボーも無い
物語よりは、この方がいいかな。

上映時間 169分。開映前には必ずトイレに行って
おきましょう。^^;

映画劇場鑑賞 | 【2014-11-22(Sat) 23:59:58】
Trackback:(0) | Comments:(2)
次のページ