FC2ブログ
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「ブラック・ウィドウ」
2107101.jpg

本日、観て参りました。
舞台は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」直後。
国際指名手配となってしまったブラック・ウィドウこと
ナターシャ・ロマノフは、ノルウェー郊外に身を潜めて
いたが突然、何者かの襲撃を受ける-。

コロナ禍の影響で一年以上劇場公開が延び延び、かつ
大人の事情で大手シネコンでは公開されず、と様々な
紆余曲折を経て、ようやく劇場鑑賞に漕ぎつけました。
本編が始まる前に数分のムービーが入るのですが、
これがまた盛り上げるの上手いなあ、オーナー会社が
守銭奴じゃなきゃどれほど良かっただろうと思わされる
最高の演出でした。

作品自体は勿論楽しめましたが、時系列的に何故この
タイミングで挟んだのろう、ってな印象を受けました。

映画劇場鑑賞 | 【2021-07-10(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ゴジラvsコング」
2107031.jpg

本日、観て参りました。
怪獣たちの戦いにより甚大な被害を受けた人類が
再建を図る中、特務機関モナークは怪獣たちの
ルーツを掴もうとしていた。そんな時、ゴジラが
再び姿を現した-。
(MOVIE WALKER PRESSさんより抜粋して改変)

細かいことはいいじゃないの、巨大怪獣同士が
組んずほぐれつの大乱闘。みんな、こういうのが
観たかったんでしょ?ってな作品でした。^^

映画劇場鑑賞 | 【2021-07-03(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」
2106191.jpg

本日、観て参りました。
音に反応して人間を襲う怪物によって荒廃した世界。
夫と家を失いながらも、何とか生き延びたエヴリンは
生まれたての赤ん坊を含む3人の子らと共に、新たな
避難場所を求めて旅立つ-。
(MOVIE WALKER PRESSさんより抜粋して改変)

まさかの続編です。相変わらず無茶な設定なのですが
映画館ならではの大音量と静寂のコントラストが
効果的で、思わず物語の世界に引き込まれました。

既にパート3製作が決定しているそうです。
終わり方が中途半端ですし、回収していない伏線が
有り過ぎますもんね。^^;

映画劇場鑑賞 | 【2021-06-19(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「グリーンランド -地球最後の2日間-」
2106051.jpg

本日、観て参りました。
突如現れた彗星の破片が隕石となって地球に衝突した。
その後も次々と衝突することが判明したため、世界中が
パニック状態に陥る。そんな中、政府に選ばれた人々の
避難が始まるのだが-。

半年振りの劇場鑑賞です。
日比谷は人が集まり過ぎてまだ抵抗があるので、劇場は
上野を選択、不織布マスク二枚重ねで、多少緊張しつつ
臨みましたよ。^^;

この手のディザスタームービーですと、政府に近い学者や
元軍人が主人公だったりしがちですが、本作は たまたま
選ばれた一般人ファミリーに焦点を絞り描いています。
ま、ジェラルド・バトラーが演じるだけあって、異常に
タフではありますけどね。^^;

映画劇場鑑賞 | 【2021-06-05(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ワンダーウーマン 1984」
2012191.jpg

本日、観て参りました。
舞台は前作の66年後、1984年。ワンダーウーマンこと
ダイアナ・プリンスはスミソニアン博物館で働きながら
悪と戦い続ける日々を送っていた。
そんなある日、FBIに摘発された密輸業者の盗品が
博物館に届けられる。ダイアナはその中に奇妙な石が
あることに気づくのだが-。

どんなシリーズものでも続編って難しいんでしょうね。
相変わらずガル・ガドット様は美しいですが、爽快感は
ちょいとパワーダウンしてしまったかな?^^;

ネタバレになってしまうので詳細は述べられませんが
「スーパーマン II/冒険篇」へのオマージュを感じました。

映画劇場鑑賞 | 【2020-12-19(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「魔女がいっぱい」
2012111.jpg

本日、観て参りました。
両親を事故で亡くし、おばあちゃんに引き取られた少年。
おばあちゃんは魔女に詳しく、少年に魔女の恐ろしさや
見分け方などを教えてくれた。ある日おばあちゃんと共に
ホテルに泊まった少年は、偶然にも魔女たちの集会を
目撃してしまうー。
(allcinemaさんより抜粋して改変)

原作が児童文学のためか、思った以上にお子様向けに
振り向けられた作品でした。
ロバート・ゼメキス監督、アン・ハサウェイ主演とあって
こちらの期待が高まり過ぎたのかな…。^^;

映画劇場鑑賞 | 【2020-12-11(Fri) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」
2010231.jpg

本日、観て参りました。
蝶屋敷での修行を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、
《無限列車》に到着する。そこでは、短期間のうちに
四十人以上もの人が行方不明になっているという。
(公式サイトより抜粋)

TVシリーズの続きを描いた本作品。映画化に丁度良い
尺の物語を持ってきたなあ、という印象です。
そういったことも計算に入れて連載していたのか、
よほど切れるブレーンが付いているのか。

CGを取り入れた美しい背景美術に目を奪われます。
作画もしっかりしていて、まるでアニメーションを
漫画に書き起こしたものがコミックス版なのでは
ないか、と錯覚してしまいそうです。
色指定など、原作者も関わっているのかなあ。

声優の熱演も大きいんでしょうね〜。観客の大半は
あらすじを知っているはずなのに、私の両隣りの
お客さんは途中、鼻水ズルズルすすってましたよ。^^;
かくいう私も…目頭が熱くなる場面がありました。

ブームはいずれ下火になっていくのでしょうけれど、
このクオリティと熱量を維持したまま、最後まで描き
切って欲しいですね〜。

映画劇場鑑賞 | 【2020-10-23(Fri) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(4)
「TENET テネット」
2009181.jpg

本日、観て参りました。
ウクライナのオペラハウスで起きたテロ事件で、人質
救出作戦に参加し捨て身の活躍をしたその男は、適性を
見込まれあるミッションを託される。それは、未来から
やって来た敵と戦い、世界を救うというものだった。
(allcinemaさんより引用)

冒頭から何の説明もなく緊張感ある場面が展開します。
息つく間もなく話は進み、151分は あっという間でした。

たぶん一度の鑑賞で全容が理解できる方、いないんじゃ
ないかなあ。私は途中まで さっぱりでしたよ。 (゚Д゚) ポカーン
繰り返し鑑賞しないと謎解きというか、伏線の回収は
できないでしょうね〜。

映画劇場鑑賞 | 【2020-09-18(Fri) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
次のページ