FC2ブログ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」
2003201.jpg

本日、観て参りました。
悪のカリスマ=ジョーカーと別れたことがゴッサム中に
知れ渡り、悪党共から命を狙われる立場となってしまった
ハーレイ・クイン。
そんな彼女が、とあるいわくつきのダイヤを盗んだ
少女の命を守るために立ち上がる。
(allcinemaさんより抜粋して改変)

ホアキン・フェニックス版「ジョーカー」とは関係のない、
「スーサイド・スクワッド」の後日譚と言うべき作品です。
スーパーヒーローや超能力を持った人物は現れませんが
滅茶苦茶に暴れ回って命を落とさないだけでも、充分に
特殊能力ですよね。^^;

ハーレイ・クインのビジュアルは「スーサイド〜」の方が
断然イイ!( ・∇・)b です。

映画劇場鑑賞 | 【2020-03-20(Fri) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「スケアリーストーリーズ 怖い本」
2002291.jpg

本日、観て参りました。
ハロウィンの夜、町外れにある廃墟の屋敷に忍び込んだ
子どもたちが一冊の本を見つける。本を持ち帰った次の日から
子どもがひとりまたひとりと消えていく。さらに、その本には
毎夜ひとりでに新たな物語が追加されていき…。
(映画.comさんより抜粋して改変)

児童書が原作ということもあってか、ホラーではあるものの
どこかマイルドで昔懐かしい物語でした。
ギレルモ・デル・トロ氏が制作に加わっているおかげか、
登場するクリーチャーにはこだわりと愛が感じられました。^^;

映画劇場鑑賞 | 【2020-02-29(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「チャーリーズ・エンジェル」
2002221.jpg

本日、観て参りました。
エンジニアであるエレーナは、自らが開発に加わった
新エネルギー装置「カリスト」の不具合公表を上司に
相談するが却下される。
エレーナはタウンゼント社に告発を依頼するが-。

大々的に売り出している印象が無いので、ひょっとして
ハズレなのかな?と思って鑑賞に臨んだのですが、
意外と(?)楽しめましたよ。
個人的には 2000年・2003年版のイケイケなノリより
とっつき易く馴染めました。続編も期待したいですね。

映画劇場鑑賞 | 【2020-02-22(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「犬鳴村」
2002141.jpg

本日、観て参りました。
臨床心理士・森田奏の周囲で奇妙な出来事が起こり始める。
それらの出来事に共通しているのは、心霊スポットとして
知られる犬鳴トンネルだった。
(MovieWalkerさんより抜粋)

もっとシンプルに怖がらせてくる(だけ)なのかと思ったら
土地や血筋の因縁が絡む物語でした。

都市伝説のパッチワーク的なノリだけで、理由や理屈は
一切無視して、突っ走った方が良かったんじゃないかなあ。

映画劇場鑑賞 | 【2020-02-14(Fri) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「パラサイト 半地下の家族」
2001311.jpg

本日、観て参りました。
キム一家は家族全員が失業中、その日暮らしの生活を
送っていた。そんなある日、友人の紹介で長男ギウが
IT企業の社長パク氏の邸宅で家庭教師の仕事を得る-。

そろそろほとぼりも冷めた頃でしょう、ということで
鑑賞に臨みました。
格差の描写がエグいです。貧困家庭の描写という点では
「万引き家族」も生々しかったですが、本作品では
経済的に成功した家族と貧困層家族との対比が鮮明で
えげつない事になっていました。

コメディでもあり、サスペンスでもあり、韓国の“今”を
切り取った社会風刺でもある、ジャンル分け不能な
物語でした。

映画劇場鑑賞 | 【2020-01-31(Fri) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ペット・セメタリー」
2001181.jpg

本日、観て参りました。
ボストンから田舎町へと引っ越してきたルイス一家。
森に迷い込んだルイスの娘エリーは怪我をしてしまう。
そこへ近隣に住む老人が現れる。老人は「この森は危険
だから近付かないように」と警告するのであった。

30年ぶりのリメイクとなった本作品。過去の作品も
精神的にズシッとくる救われなさを覚えたと記憶して
います。今回の作品では よりバイオレントな描写に
シフトしています。

優劣はつけませんが、私は過去の作品の方がより絶望的
だったな、という印象が強いので、近々鑑賞し直して
みようと思います。

映画劇場鑑賞 | 【2020-01-18(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「男はつらいよ お帰り 寅さん」
2001121.jpg

本日、観て参りました。
会社勤めをしていた諏訪満男は、小説家に転身していた。
出版社から持ちかけられた本屋でのサイン会をしぶしぶ
引き受けた満男は、思わぬ人と再会を果たすことになる。

過去シリーズのファンにとっては締めくくりの作品であり、
寅さんなんて観たこと無いってな方には、入門編たり得る
作品です。私は BSで繰り返し行われる再放送のおかげで
全作品鑑賞済みなので、前者に当たります。^^;

渥美清さんが故人なので、回想シーンで過去作品の映像を
持ってくる、パッチワークのような作品となっております。
それにしても過去作品の“マドンナ”は美しい方ばかりです。

これで本当に最後の作品だろうなあ。感慨深いですね。

映画劇場鑑賞 | 【2020-01-12(Sun) 23:59:58】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
1912211.jpg

本日、観て参りました。
カイロ・レンは、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の
圧倒的支配者となる。一方、類まれなフォースを覚醒させたレイは
伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、
レイア率いるレジスタンスの同志たちとともに立ち上がる-。
(MovieWalkerさんより抜粋して改変)

シリーズの世界観を くっちゃくちゃにしてしまった、罪深き
「最後のジェダイ」から、よくまあ立て直したなあ、という
印象を受けました。
それにしてもフォースの能力が都合良過ぎじゃないのかなあ。

何年か後、某ターミネーターシリーズの様に
「これが正当なエピソード 7・8・9 だ!』なんて作り直しを
されたりして…。^^;

映画劇場鑑賞 | 【2019-12-21(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
次のページ