FC2ブログ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「シンプル・プラン」
1802251.jpg

本日鑑賞しました。
田舎町で平凡な暮らしを送るハンクは、兄のジェイコブと
その友人ルーと共に父の墓参りに向かう道中、雪に覆われた
森の中で墜落した飛行機の中から現金440万ドルを発見する。
彼らは現金を自分達の物にするための計画を実行に移すが-。
(allcinemaさんより抜粋して改変)

「ギフト」に触発されました。サム・ライミ監督作品です。
雪深い田舎町が舞台、悪循環の連鎖な物語という共通点から
「ファーゴ」が思い出されますが、こちらの作品は悲しくて
救われませんね。生き残った二人も、一生業を背負って
生きていくんだろうなあ。

映画劇場外鑑賞 | 【2018-02-25(Sun) 23:08:41】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「ホーンティング」
1802181.jpg

本日鑑賞しました。
百年を超える長い年月、ひっそりとたたずむ呪われた館。
人間の心に宿る“恐怖”について研究をしているマロー博士は、
館にまつわる不吉な噂に興味をそそられ、実験のために
3人の被験者、セオ、ネル、そしてルークを伴い館を訪れる。
(Amazon ビデオより引用)

ホラーに徹しているのかと思ったら、それほどでもなく
ちょっと退屈だったかな〜。超常現象を否定する立場の
登場人物が、あっさり霊の存在を受け入れるのも違和感
ありまくりでした。

映画劇場外鑑賞 | 【2018-02-18(Sun) 23:17:52】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「サイレン」
1802122.jpg

本日鑑賞しました。
親友たちとハメを外して楽しむだけのはずだった
独身最後のパーティーは、恐るべき生き物を偶然
解き放ってしまったことで、生き残りをかけた
過酷な戦いへと一変する。
(Amazon ビデオより引用)

ギリシア神話の「セイレーン」と聖書などに現れる
悪魔「リリス」を一緒くたにした様なモンスターが
登場する、ホラー作品です。
序盤は退屈で観るの止めようかな〜と思いましたが
堪えて観続けていたら、だんだん B級ホラーっぽさを
発揮し始めて、最終的には楽しめました。^^;

映画劇場外鑑賞 | 【2018-02-12(Mon) 22:54:55】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ギフト」
1802121.jpg

本日鑑賞しました。
ジョージア州にある小さな町。ここで占い師をして3人の
子どもと細々と暮らしているアニー。ある日、この町で
失踪事件が発生、失踪した娘の父親が不思議な霊感を持つ
アニーに協力を依頼して来るのだった……。
(allcinemaさんより引用)

サム・ライミ監督による、2000年公開の作品です。
出演陣は私でも知っている面々で、大層豪華ですし
なんでこんなに知名度が低いんでしょうか。単に私が
知らなかっただけでしょうか。^^;

街全体を覆う どんよりとした閉塞感、特殊な能力を
持った人の苦悩や報われなさ、そういった描写は
さすがだなあ、と思わされる作品でした。

映画劇場外鑑賞 | 【2018-02-12(Mon) 22:40:34】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「残穢(ざんえ)―住んではいけない部屋―」
1802041.jpg

本日鑑賞しました。
小説家の「私」に、読者である女子大生の久保さんから
届いた一通の手紙。「住んでいる部屋で奇妙な音がする」
と書かれたその手紙に、好奇心から「私」と久保さんが
調査を開始する-。
(映画.comさんより引用)

細かい部分に目を瞑れば、楽しめる作品でした。
絶叫したり目をひんむいたり、過剰な演技をしがちな
この手のジャンルですが、演者さんの抑えた演技も
演出にも、なかなか好感が持てます。

話の筋とは関係ない部分ですが、邦画って音量の
バランスがおかしいですよ。ぼそぼそって喋ったかと
思うと大音量の音楽が流れたり、終始丁度良い音量が
見つかりませんでした。字幕で観た方がいいのかなあ。

映画劇場外鑑賞 | 【2018-02-04(Sun) 23:25:21】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「メン・イン・キャット」
1801031.jpg

本日鑑賞しました。
仕事人間で家庭を顧みない傲慢な大企業の社長トムは、
娘の誕生日に猫を購入するが、帰宅の前にビルから転落。
それをきっかけに、トムの意識が猫に移ってしまう-。
(映画.comさんより抜粋して改変)

入れ替わり、というか猫の体に一方的におっさんの意識が
入ってしまう系(?)の作品です。
物語の展開も映像処理も、ちょっと大雑把な印象です。
私は幸い猫好きなので楽しめましたが、そうでない方は
ちょいと退屈かもしれませんね。^^;

映画劇場外鑑賞 | 【2018-01-03(Wed) 21:23:13】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ゾンビーノ」
1801011.jpg

本日鑑賞しました。
死者がゾンビとなって蘇り、人間との間で戦争が起こる。
しかしゾンビをおとなしくさせる首輪が開発され、今では
人間に仕える存在となった。そんな社会に馴染めない
少年ティミー。彼の家にもゾンビがやってきたー。

新年1本めがゾンビ作品。私は相変わらずこんな奴です。
この手のゾンビパロディものにありがちな安っぽさが
本作品にはありません。凄く丁寧に作られた印象です。
50、60年代風のビジュアルが目にも楽しい作品でした。

映画劇場外鑑賞 | 【2018-01-01(Mon) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ジェーン・ドウの解剖」
1711121.jpg

本日鑑賞しました。
とある一家が無残にも殺害された家の地下で身元不明の
女性の変死体が見つかり、検死することになったトミーと
息子オースティン。死因を調べるため解剖を進めるにつれ、
驚くべき事実が次々と明らかになる-。
(シネマトゥデイさんより抜粋して改変)

本編のほとんどが二人芝居な、低予算であろうこの作品。
多少間延び感はありましたが、解剖遺体の緻密な出来と
演出で観せる作品に仕上がっておりました。

遺体が「スペースバンパイア」みたいに歩き回っていたら
きっと評価が下がっていたかもしれませんね〜。^^;

映画劇場外鑑賞 | 【2017-11-12(Sun) 23:32:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ