カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「ライト/オフ」
1708061.jpg

本日鑑賞しました。
電気を消して暗闇になると現れるという“何か”に恐怖を抱く
弟マーティンを守るため、レベッカは久々に実家に帰ってくる。
二人はたくさんの灯りを用意して夜を迎えるが、灯りは次々に
消え、暗闇から“何か”が迫ってくる-。
(シネマトゥデイさんより抜粋して改変)

短編動画を元ネタにした、低予算作品だそうです。
確かに一発ネタを頑張って膨らましました、という印象は
否めませんが、こういう意欲的かつ真面目なホラーを
国内で、アイドルのPV崩れみたいなものではない形で
取り組んで欲しいなあ。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-08-06(Sun) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「ふたりの男とひとりの女」
1707231.jpg

本日鑑賞しました。
ロードアイランドに暮らすチャーリーは真面目な警察官。
しかし日々ストレスを押さえ込んでいた彼はついに限界を
迎え、暴力的な人格“ハンク”を出現させてしまう-。

ファレリー兄弟製作、ジム・キャリー主演の、成功を
約束されたと言っても良い作品です。
「ブリジット・ジョーンズの日記」に出演される前の
レネー(レニー)・ゼルヴィガーさんがヒロインです。
若くて(暴言)そりゃあ思わずジム・キャリーが婚約
してしまうのもうなずけるほど魅力的でしたよ。

しかし原題もまったくひねりがありませんが、邦題も
投げやりですね。もっとやりようがありそうだけどなあ。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-07-23(Sun) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「さまよう魂たち」
1707171.jpg

本日鑑賞しました。
交通事故がきっかけで霊と交信できる様になったフランクは
親しくなった霊と結託し、悪霊祓いの詐欺で生計を立てていた。
一方、町では謎の心臓発作で急死する人間が後を絶たなかった-。

マイケル・J・フォックス×ロバート・ゼメキスっていったら
もっと日本でウケてもいいようなもんですけどね〜。
私、この作品の存在をつい最近まで知りませんでした。
で、監督はピーター・ジャクソン。作品のノリは
「ブレインデッド」を彷彿とさせるものがありました。

なんとなく映像処理に 80年代の残り香を感じまして、
古くて新しい、懐かしくて新鮮な作品でした。^^

映画劇場外鑑賞 | 【2017-07-17(Mon) 22:53:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「フローズン・タイム」
1707021.jpg

本日鑑賞しました。
失恋の痛手から不眠症に陥った画家志望の美大生ベンは
スーパーマーケットで夜勤のアルバイトを始めることに。
そんな中、ある時彼は周囲が完全にフリーズした世界に
ただひとり身を置いていたー。

観る前も観ている間も北欧の作品かな?と勝手に思って
いました。スチル写真出身の監督だからでしょうか、
男の子の性的煩悩の世界を、スタイリッシュな映像で
表現しています。お下劣で面白おかしく、じゃなくても
こんな方法があるんだなあ。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-07-02(Sun) 23:21:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「死霊館 エンフィールド事件」
1706171.jpg

本日鑑賞しました。
1974年に起きた“アミティビル事件”を調査したウォーレン夫妻の
名声は高まる一方、バッシングも激しくなっていた。そんな中、
怪現象に悩まされているという英国エンフィールド・ホジソン家の
調査依頼が夫妻のもとへ舞い込む-。

数年前鑑賞した第一作「死霊館」が好印象だったので、続編に
当たる本作品にも期待して鑑賞に臨みました。結果、期待には
きっちり応えてくれました。
ウォーレン夫妻を演じる二人は続投で変わらずカッチョ良く、
夫人役ベラ・ファーミガは凛とした品があり、役柄に説得力を
生んでいます。悪霊に憑かれるジャネットを演じた子役さんも
物凄く熱演されてましたね〜。

ホラーを卒業したはずの監督が、宣言撤回して監督を務めた
本作品、今後もまだまだホラーに携わって欲しいと思わされる
良作でした。邦題だけですね、ク○なのは。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-06-17(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「ウォーキングゾンビランド」
1705071.jpg

本日鑑賞しました。
保安官のリンカーンは、息子のデッドボールが原因で
昏睡状態に陥ってしまう。29日後、目を覚ますと世界の
文明は崩壊しており、生ける屍が歩きまわっていた。
(Amazonビデオさんより引用)

最近はゾンビもののパロディも出来の良い作品が多く
本作品も良い出来を期待したのですが、悪ノリばかりが
目立つ、残念な作品でした。元ネタとなった作品も
幾つか分かりましたけど、だから何?ってな感じです。

パロディものは自分のツボにはまらないと、キツいですね。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-05-07(Sun) 22:49:28】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「きみがぼくを見つけた日」
1705052.jpg

本日鑑賞しました。
幼い頃、母を奪った交通事故がきっかけで、時空を移動
する能力に目覚めたヘンリー。だがその能力は意志とは
関わりなく発現し、彼を時の放浪者にしてしまった-。
(WOWOWオンラインさんより抜粋して改変)

タイムスリップなんて とんでもない現象のはずなのに
影響は主人公のふたりにほぼ限定されているという
SFの皮を被った恋愛物語です。SF好きからすると
もっとSF側に寄せてくれよ、ってな感想なんですが
原作小説がそうではないんでしょうね。

この作品に関しては邦題が秀逸ですね。小説を改題
してしまうのにも うなずけます。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-05-05(Fri) 21:04:25】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「レ・ミゼラブル」
1705051.jpg

本日鑑賞しました。
19世紀のフランス。1本のパンを盗んだ罪で投獄され、
19年間を監獄の中で生きたジャン・バルジャン。
仮出獄した彼は再び盗みを働いてしまうが、司教の
優しさに触れ、心を入れ替えると決意する。
(allcinemaさんより引用)

いったい何年越しの鑑賞でしょう(←四年越しです)
本編158分の長尺でしたが、慌ただしかったですね〜。
ミュージカルの苦手意識も克服できつつあるかな?
ってなところでしたが、台詞の隅から隅まで歌い上げる
本作品に、また苦手意識が復活してしまったかも。^^;

俳優の皆さんの歌声と熱演には感服しましたが、正直
泣けはしませんでした。なんか申し訳ないっす(汗)

映画劇場外鑑賞 | 【2017-05-05(Fri) 21:04:18】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ