カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

「死霊館 エンフィールド事件」
1706171.jpg

本日鑑賞しました。
1974年に起きた“アミティビル事件”を調査したウォーレン夫妻の
名声は高まる一方、バッシングも激しくなっていた。そんな中、
怪現象に悩まされているという英国エンフィールド・ホジソン家の
調査依頼が夫妻のもとへ舞い込む-。

数年前鑑賞した第一作「死霊館」が好印象だったので、続編に
当たる本作品にも期待して鑑賞に臨みました。結果、期待には
きっちり応えてくれました。
ウォーレン夫妻を演じる二人は続投で変わらずカッチョ良く、
夫人役ベラ・ファーミガは凛とした品があり、役柄に説得力を
生んでいます。悪霊に憑かれるジャネットを演じた子役さんも
物凄く熱演されてましたね〜。

ホラーを卒業したはずの監督が、宣言撤回して監督を務めた
本作品、今後もまだまだホラーに携わって欲しいと思わされる
良作でした。邦題だけですね、ク○なのは。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-06-17(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「ウォーキングゾンビランド」
1705071.jpg

本日鑑賞しました。
保安官のリンカーンは、息子のデッドボールが原因で
昏睡状態に陥ってしまう。29日後、目を覚ますと世界の
文明は崩壊しており、生ける屍が歩きまわっていた。
(Amazonビデオさんより引用)

最近はゾンビもののパロディも出来の良い作品が多く
本作品も良い出来を期待したのですが、悪ノリばかりが
目立つ、残念な作品でした。元ネタとなった作品も
幾つか分かりましたけど、だから何?ってな感じです。

パロディものは自分のツボにはまらないと、キツいですね。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-05-07(Sun) 22:49:28】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「きみがぼくを見つけた日」
1705052.jpg

本日鑑賞しました。
幼い頃、母を奪った交通事故がきっかけで、時空を移動
する能力に目覚めたヘンリー。だがその能力は意志とは
関わりなく発現し、彼を時の放浪者にしてしまった-。
(WOWOWオンラインさんより抜粋して改変)

タイムスリップなんて とんでもない現象のはずなのに
影響は主人公のふたりにほぼ限定されているという
SFの皮を被った恋愛物語です。SF好きからすると
もっとSF側に寄せてくれよ、ってな感想なんですが
原作小説がそうではないんでしょうね。

この作品に関しては邦題が秀逸ですね。小説を改題
してしまうのにも うなずけます。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-05-05(Fri) 21:04:25】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「レ・ミゼラブル」
1705051.jpg

本日鑑賞しました。
19世紀のフランス。1本のパンを盗んだ罪で投獄され、
19年間を監獄の中で生きたジャン・バルジャン。
仮出獄した彼は再び盗みを働いてしまうが、司教の
優しさに触れ、心を入れ替えると決意する。
(allcinemaさんより引用)

いったい何年越しの鑑賞でしょう(←四年越しです)
本編158分の長尺でしたが、慌ただしかったですね〜。
ミュージカルの苦手意識も克服できつつあるかな?
ってなところでしたが、台詞の隅から隅まで歌い上げる
本作品に、また苦手意識が復活してしまったかも。^^;

俳優の皆さんの歌声と熱演には感服しましたが、正直
泣けはしませんでした。なんか申し訳ないっす(汗)

映画劇場外鑑賞 | 【2017-05-05(Fri) 21:04:18】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「魔鬼雨」
1704232.jpg

本日鑑賞しました。
マークの父親が、帰宅した途端、雨の中で溶けてしまった。
続いて今度は母親が姿を消してしまう。マークは一連の謎を
追ううち、邪教集団と彼自身の一族の繋がりを発見するが……。
(allcinemaさんより引用)

やっぱり、思い出は美化されるものなんだなあ〜。
ジャンルとしては いちおうホラーなんでしょうけど
今の基準では少しも怖くないですし、展開は退屈です。
でもやはり何といっても最後の雨のシーンは強烈で、
子供の頃に観ていればトラウマ必至でしょう。そして
意外なラスト。なぜかおしゃれ!と感じてしまいました。

ジョン・トラボルタ氏がどこに映っているのかは、
さっぱり分かりませんでした。次は注意してみよっと。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-04-23(Sun) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「チョコレートドーナツ」
1704231.jpg

本日鑑賞しました。
ゲイのルディはシンガーを夢見ながらも、口パクで踊る
ショーダンサーとして働く日々。そんな彼にある日、
ゲイであることを隠して生きる検事局の男性ポールが
一目惚れ、2人はたちまち恋に落ちる-。
(allcinemaさんより引用)

1970年代が舞台だそうですが、性的マイノリティへの
風当たりは、きっと今より強烈だったんでしょうね。
淡々としたラストが、かえって胸に迫るものがあります。

心あたたまる系の作品なのかな〜、くらいの心構えで
リストに入れていたのですが、思わぬ良作でした。
こういう出会いがあるから、映画鑑賞ってイイですね!

映画劇場外鑑賞 | 【2017-04-23(Sun) 23:59:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「ドント・ブリーズ」
1704152.jpg

本日鑑賞しました。
荒廃した街デトロイトで ロッキー、マニー、アレックスの3人は
重罪にならない程度の空き巣を繰り返していた。ある日マニーが
ある強盗話を持ちかけてきた。ターゲットは孤独な盲目の老人。
大金を隠し持っているらしいというのだが-。
(allcinemaさんより抜粋して改変)

過疎化が進んだ地域の空き家に囲まれた一軒家、が舞台の
シチュエーション・スリラー。
息が詰まる様な駆け引きの描写は見事で、これだけ濃密で
あれば、短い本編(88分)にも納得がいきます。

老人もある秘密を抱えていて、善人が見当たりません(汗)。
これじゃ登場人物の誰にも肩入れできませんよ。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-04-15(Sat) 22:45:22】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ニア・ダーク/月夜の出来事」
1704151.jpg

本日鑑賞しました。
ある夜、路上で出会った少女メイに声をかけ車に乗せたケイリブ。
実は彼女は吸血鬼で、そうとは知らずキスを迫り噛まれてしまった
彼も吸血鬼となってしまう。ケイリブはメイとその仲間たちと
行動を共にするが-。
(映画.comさんより抜粋して改変)

「ロストボーイ」と同年に公開だったらしい、この作品。
ちょっとしたヴァンパイアものブームだったのでしょうか。

ネタバレしないように伏せて物申しますと…。あの方法で
何とかなるなら、みんなも何とかしちゃえばイイのになあ。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-04-15(Sat) 22:22:38】
Trackback:(0) | Comments:(2)
次のページ