カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プチ月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

どぶろぐG

Author:どぶろぐG
・自転車散歩好き
・映画好き
・怪談好き
・デジモノ好き
・物欲まみれ
・へっぽこランナー
・日本酒党

ゾンビの父
1707191.jpg

『ジョージ・A・ロメロ監督が死去 ゾンビ映画の巨匠、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」で原則つくる』
HuffPost Japan
ttp://www.huffingtonpost.jp/2017/07/16/george-a-romero_n_17506318.html

昨晩、新聞の夕刊で訃報を目にしたのに今日の記事に
なってしまい、罰当たりなファンだなあと反省しきりです。
監督自身も墓場から蘇ってくれることを期待します!

映画のあれこれ | 【2017-07-19(Wed) 23:08:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「さまよう魂たち」
1707171.jpg

本日鑑賞しました。
交通事故がきっかけで霊と交信できる様になったフランクは
親しくなった霊と結託し、悪霊祓いの詐欺で生計を立てていた。
一方、町では謎の心臓発作で急死する人間が後を絶たなかった-。

マイケル・J・フォックス×ロバート・ゼメキスっていったら
もっと日本でウケてもいいようなもんですけどね〜。
私、この作品の存在をつい最近まで知りませんでした。
で、監督はピーター・ジャクソン。作品のノリは
「ブレインデッド」を彷彿とさせるものがありました。

なんとなく映像処理に 80年代の残り香を感じまして、
古くて新しい、懐かしくて新鮮な作品でした。^^

映画劇場外鑑賞 | 【2017-07-17(Mon) 22:53:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「パワーレンジャー」
1707151.jpg

本日、観て参りました。
紀元前、宇宙の命運を左右する大きな戦いが起こり
5人の戦士によって辛くも平和は守られた。そして現代。
偶然にも不思議なコインを手にしたジェイソンら五人の
若者は、超人的なパワーを与えられる-。
(映画.comさんより抜粋して改変)

日本の特撮戦隊モノが逆輸入されたような格好の本作品。
前半は…というか大半はそれぞれ問題を抱えた高校生が
織り成す青春物語でした。
後半ちょこっと変身して、恐竜型メカに乗り込んで
巨大ロボに合体して格闘、ってな感じです。
ピンクレンジャーを演じたナオミ・スコットが可愛かった。

近場では吹替しかなかったので、レンタルが始まったら
字幕で観直そうと思います。

映画劇場鑑賞 | 【2017-07-15(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」
1707081.jpg

本日、観て参りました。
かつて、ジャック・スパロウと共に冒険を繰り広げたウィルは
幽霊船ダッチマンの船長として呪われた運命を生きていた。
そんな父を救おうとする息子ヘンリーは、呪いを解くカギが
伝説の秘宝“ポセイドンの槍”にある事を突き止めるー。
(MovieWalkerさんより抜粋して改変)

過去作品をずっと劇場鑑賞で追ってきましたが、私の頭が
悪いのでしょう、いつも途中で話を見失ってしまうというか
何をやってるのかゴチャつくことが多かったこのシリーズ。
本作品に関しては それが一切なく、私の足りない理解力でも
しっかり展開についていけて、大いに楽しめました。

本作品でも「若き日のジャック・スパロウ」が CGを駆使して
描かれていました。ただちょっと表情に乏しかったかな? ^^;

次回作は白紙だそうですが「最後の海賊」というのは邦題の
悪いクセで、原題は「死人に口無し」の意、だそうですよん。

映画劇場鑑賞 | 【2017-07-08(Sat) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「ライフ」
1707071.jpg

本日、観て参りました。
国際宇宙ステーション(ISS)では、6名の宇宙飛行士が
活動していた。ある日、火星から帰還した無人探査機を
回収した彼らは、火星の土壌の中に未知の微生物を発見する。
それは彼らの予想を遥かに超えるスピードで成長し、高い知性も
見せ始める。世紀の大発見に興奮するクルーたちだったが…。
(allcinemaさんより引用)

「ゼロ・グラビティ」で一気に引き上げられた無重量表現に
「オデッセイ」「エイリアン」の要素を加えた、そんな
欲張りな作品です。出演陣も豪華。
しかしこれはもはや贅沢な悩みなのかもしれませんが、
ISSや宇宙空間、迫る危機にさえ既視感を覚えてしまうって
“宇宙フォーマット”完成の、功罪なのかもしれませんね〜。

映画劇場鑑賞 | 【2017-07-07(Fri) 23:59:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「フローズン・タイム」
1707021.jpg

本日鑑賞しました。
失恋の痛手から不眠症に陥った画家志望の美大生ベンは
スーパーマーケットで夜勤のアルバイトを始めることに。
そんな中、ある時彼は周囲が完全にフリーズした世界に
ただひとり身を置いていたー。

観る前も観ている間も北欧の作品かな?と勝手に思って
いました。スチル写真出身の監督だからでしょうか、
男の子の性的煩悩の世界を、スタイリッシュな映像で
表現しています。お下劣で面白おかしく、じゃなくても
こんな方法があるんだなあ。

映画劇場外鑑賞 | 【2017-07-02(Sun) 23:21:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
結局
1707011.jpg

先日、知り合いに譲るために購入した「茜霧島」。
自分でも試してみたくなってしまい、結局自分用にも
購入してしまいました。^^;

変なクセは一切なく、すっきりと飲み易いですよ♩
芋焼酎のイメージが変わるかもしれません。^^

のほほん雑記 | 【2017-07-01(Sat) 23:45:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
蘇る優作
1706281.jpg

松田優作っぽいナレーションに松田優作っぽい演者さん。
「ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ」の CMが
気になって仕方が無かったので、検索してみました。

するとなんと出演者プロフィールに松田優作さんの名が!
過去映像の加工かフル CGか分かりませんが、こうやって
蘇らせられるんですね〜。(・∀・)ニヤニヤ

のほほん雑記 | 【2017-06-28(Wed) 22:23:51】
Trackback:(0) | Comments:(2)
次のページ